World of Aqua

hirobon727.exblog.jp

写真考

 
e0191987_05194231.jpg

 最近、自分の好みだろうが何だろうが、写真に真摯に向き合っている方のブログに立ち寄ったりします。
かたや、機材模索ブログはどうも・・・あれ買ったのこれ買ったの、正直どうでもいいわけなんですよね。
実際のところ、それも趣味の一つなんだろうなって、思ったりもしますが。  

 子供のころに勉強が嫌いで唯一絵画だけを評価されて、嬉しくて、その道に進もうとしたことがあります。
実際のところ絵画の学校の成績の評価は自分は低くて、いつもコンクールではかなり下の方。絵を得意とし
て全国から集まってきた人の中では自分の自信なんて実につまらないものだと痛感させられた日を思い出し
ます。

 そんな僕が偉そうに言うのも、おかしいんですけど、その時代の絵画に対する考え方が染みついて機材模索
なんてどうでもよくなったのかもしれません。写真と絵画は違うとは言ってもそこに求めるものはあります。
だから明日には陳腐化する機材よりも探し求める大事なことがあると思うんですよ。  

 デジタル一眼が普及して写真の技術的な側面には関われるのだけどその分、表面的なところで遊んでいるか
た達がたくさんおられますよね。あまりにも稚拙な思考の仕方に唖然とさせられるんです。(いや、私の方が、
あまりに見方が狭すぎるのかもしれませんね?)

 良いものを取り入れたい。 それって大事なことですが、使う本人の方向性を見定めるのは大事なことです
よね。いい加減でただ、何かが欲しいだけじゃね? 楽しければいいのかなって? 楽しいことって一番大切
なことだけど、物欲に次から次へと振り回されている感じがするですよね?
 つまらないおもちゃをいじっている暇があったら、家族をもっと大事にしなきゃね?(あ、これは僕自身のことだな。)
 限られた時間、もっと写真に真摯に向かいあいなさいよと、思わず余計なことを考えてしまうのです。
[PR]
by hirobon727 | 2018-01-13 05:23 | Comments(0)