World of Aqua

hirobon727.exblog.jp

X-E1と言うカメラ

e0191987_20393323.jpg
 画像に艶を感じるカメラって少なくなりました。そう僕にとってフィルムや一部のCCDカメラがそうでした。
とりわけ、オリンパスE-1に出会ったとき、すっかり気に入って、いつもブログでフォーサーズの良さを語っていました。
艶めかしいというかなんというか、何とも言えない良さがありました。

 例えば水しぶきを上げてプールで遊ぶ子供たちの輝く笑顔が撮れ、森に入れば、静寂さと優しい霧のつつむ湖がリアルに
撮れました。

X-E1に関しては同様にC-mosにしては珍しく、本当に深みを感んじます。同時に、もう言い尽くされていますが空気感って
いうか、湿度と艶と厚みがあるというか。例えば猫を撮ったら、毛が絹のような滑らかにシットリと描写します。
昔はAFの高速化や手ブレ補正、高感度耐性、高画素がデジカメの進化だと思って新機種が出るたびにカメラを追いかけていま
したけど、どんどん、自分の感性が鈍くなって、自分にとって、つまんない絵を撮っていました。

 今の風潮というか、世間の流行というか世間の方向性に従っている自分というか、デザインの流行ってあるけど、あれに近い何か。

 X-E1って今の新機種と比べるとAFは遅いし、硬調気味の画像に慣れていた僕には、ちょっとショックで、それとは裏腹に、
すごくいいところがあって何とも言えない画質、正にフィルムの様な画質。薄っぺらくない諧調豊かな画像に、すっかり魅了
されます。 でも皆が皆そんなの許すわけじゃない。そう、すべての消費者は使いやすくて高機能じゃないと許してくれはしない。
だから別の意味でフジのカメラはコンシューマー機としてどんどん進化していったわけです。でもそういうカメラは気に入らない
のです。

 自分でコントロールする感覚、そう、自分の感性を研ぎ澄ますことによって、撮ることが楽しくなるカメラ。機能的に劣って
いるというよりも、使用者に絵の方向性を委ねた初期コンセプト。最初フジはそのような人の感性に響くカメラが作りたかったはず。
機能重視のカメラが溢れる中、このカメラは失われた、カメラの本当の方向性を得ることができるように思います。
問題なのは理屈ではなくて自分が楽しく夢中になれるかどうかではないでしょうか。






[PR]
Commented by けまりん at 2016-07-24 08:24 x
すみません、お返事が遅くなり申し訳ありません。
一週間自分の中で色々と考えてみました。
最近では自分の中で納得できる物が撮れる度にフォトコンに送ってみたいと思うようになり、同時に掲示板に公開できないジレンマがありました。
ちょっと出来の悪いのを掲示板に貼る、そんな事に意味はあるのかなぁと悩むようになりました。
しかし、私自身も掲示板へ投稿して皆さんとの交流で成長してきた事も感じています。
フォトアートさんが私のPro1の写真を気に入られてるのはスゴく嬉しいです。
そう言っていただく度に新旧のセンサーの良さもいまだにあると感じるのでPro1で撮ってみたい気持ちもあるのですが、どうしてもPro2と喧嘩しちゃうんですよね・・・そこでE1だったら?と考えるようになりました。E1でまた同好会に参加させて頂きたく思っています。そこで一点気になるのはPro1とE1の画質が微妙に違うのかという事でです。フォトアートさんが以前微妙にPro1と画質が違うとコメントされてて、私もちょっと違うのかなぁと感じるのですが、その後の感じ方はどうでしょうか?
Commented by hirobon727 at 2016-07-24 19:36
けまりんさん
毎日暑いですが、お元気そうで安心しました。

>ちょっと出来の悪いのを掲示板に貼る、そんな事に意味はあるのかなぁと悩む

めちゃくちゃわかります。でも確か、フォトコンは他のフォト
コンに出した画像以外はOKだと思いますよ?主催するフォト
コンの規約にもよります。大きいところは駄目でしょうね。
私の場合は出してましたし、掲示板どころか、フォトコンで落
選しても他の場所で入選と言うことも。

しかし、あまり人の目に触れないほうが得策なのは当然でしょ
うね。だから、昔は画像に『hiro』の刻印を入れてました。
勿論フォトコンには刻印なしのオリジナルを提出します。

ところで意外に思ったのは旧機種を褒めるのは同好会の
人達と一部のブローガーぐらいと思ったら、Pro2の発表前後
に色々と話題になっていたようですね。 E1のスレには参加し
なくても実は隠れファンもいるということでしょう。

そしてワイドマインスターさんのようにマイペースで楽しんで
いる人も。

ずっと画質の違いを研究していたのですが、けまりんさんが
Pro2とPro1が喧嘩するというのもの凄くわかります。
と言うのは方向性が違う。

Pro2の方がリアルでPro1は官能的。
個人的には色にこだわるタイプですし、激しく動くモノは撮ら
ないからどうしてもPro1が好き。
 いい瞬間が撮れ、歩止まりが高いので当然、コンテストに強
いのは、Pro2。 でも私個人としては撮って楽しいのはPro1
だと思うんです。 動体に強いD3比較ですが撮っていて
もっと楽しくなったのがE1でしたから。

色にコダワリガないのなら間違いなくPro2ですね。
僕のけまりんさんの画像に対する感想は、どうしても
Pro1の画像が良いなと言うのが本音でしたね。

その深い味わいを、今のPro2で語る人はいません。勿論Pro2
もフジ機ですからかなり良いです。でも欧州のプロ御用達です
からその人たちの意見はかなり反映されていて、私の感性
にはどうなのかというのがハッキリわかります。リアルなんで
すけど、僕にとって官能的とは心の奥深くまで到達するほど
甘味で深いものではない。
Commented by hirobon727 at 2016-07-24 20:03
ところで、E1とPro1比較ですが、ベルビアはE1の方が濃くて
僕には使いこなせないです。だからいつもプロビアです。

でも、Pro1使っているときは平気でベルビア使います。
それ以外はどちらも違いはほとんどないと思います。

ただ明らかにE1はフィルムを意識していますね。シャドー部の
ガンマ値がフィルムのように下がる、Pro1も下がりますがE1ほどじゃありません。
E1、本当に良いと思いますが、自分の感性に頼らないと
結構イラつきます。

でも私はけまりんさんの感性がモノスゴク好きなんで
すね。お世辞ではなく、乳1さんや、ワイドマインスターさん
北海道の農民さん、ブタガッパさん(この人、実はプロ)
legatoさん
 こういった人たちはみな違うけど、本当に凄い人たちだなと
思うんです。上手いとかどうとかじゃなくて、良いものを持っ
ておられるなと。

Canonやニコンのユーザーが多いスレに行けば、結構、凄腕の
人いますけどフジのスレでこれだけ良いものを持っている人っ
て珍しいですよね。 一人もいなくなってほしくないです。
本当に!

http://hitoshi.hatenablog.com/entry/2013/03/28/163604

http://hitoshi.hatenablog.com/entry/2012/11/25/172655

これらのかたのブログが参考になるかもしれません。

いずれにせよ、E1でしたら安価ですし、両方使い続けてみては
どうでしょうか?

※注意
上記ブログの内容でAFはこの時よりも早くなっています。
また

下記の内容ですが、これもワンタッチでできるように
ファームアップされています。

>『ちなみに、AFで言うと、AFエリア選択がものすごく使いづらいのも欠点として指摘できると思います。AFエリアの選択ボタンが液晶モニターの左側一番下にあって、被写体に向かってカメラを構えながら簡単に変更ができないんですよね。レンズを支えている左手を外して、AFボタンを押して、さらに右手の十字キーでエリアを選択する。X-E1は基本的に使い勝手をよく考えたデザインになっているのに、ここだけは実用的でなくて残念です』

これは今は改善されています。
Commented by けまりん at 2016-07-24 22:23 x
長文でご丁寧にありがとうございます!
ブログも後で参考にさせていただきます!
Pro1が官能的というのはしっくりきますね。
Pro2は光を捕らえた時の煌めきは非常に気に入っているんですがねー。
ただ、旧機種の色味も捨てがたい・・・
ただPro1は持ち出すとなるとやはりダメなんですよね。どうしても同じフォルムの二台を選ぶとなるとPro1は持ち出せないんです。Pro1が戻ってきて持ち出した回数は1回のみでした。困ったことに完全にPro2に競り負けちゃってるんです。どうしても失敗のない機種、また、撮っていて楽しい方、例えば正確になったアドヴァンストハイブリッドマルチビューファインダーであったり(長い・・・)速いAFであったり、さっき言った物の煌めきを写したい衝動にかられこっちに傾いちゃうんですね。ただどうしても旧機種のコクも気になるんですよね。
結論を言うとPro1は持ち出すのにエネルギーがいるんです。大きさと物の存在感であったりスローなAFであったり。物の存在感があってもPro2は異常に身軽なんですよね。
そんな中、先日初めてE1を手にとって見たんですが、さわった瞬間に可愛いと思いました。
これなら側に置いても喧嘩しないし気軽に持ち出せそうかもと思い急に気になり出した次第です。
Pro1ではVelviaが気に入っていたのでちょっと残念ですが、常に設定していたのはAstiaでした。
(ProviaはPro1では一度も使ったことないのですがPro2では使いまくりです。)
操作と性能は正直Pro1で慣れてますので問題ありません。
もう買うしかない・・・と半分思っております(笑)
E1同好会に参加していたのもこういった運命だったのかもしれませんね。
Commented by hirobon727 at 2016-07-24 23:09
けまりんさん

なるほど、工業製品の言わばモノ魅力は僕もよくわかります。
それは間違いなくPro2が良いと思います。

ところで、X-E1
現像無しで使うのはプロネグハイがいいかと。
これはかなり、いいです。(ちょっと彩度を高めにするとPro1
のベルビアの彩度を弱めた感じに?)

とはいえ、E1ベルビアがきついと言っているのは僕ぐらいのも
ので好んで使っておられる方も? 恐らくベルビア設定で少
し彩度をマイナスにし意図せずとも、あたかもPro1のベルビア
のように使いこなしておられたかたもいたのかもしれません。

私は頭からベルビア嫌いでしたから。(笑)
撮って出しはプロネグハイと決めつけていましたし
Commented by けまりん at 2016-07-24 23:09 x
プロネグハイは最近私もお気に入りでちょっと旧センサーで試してみたいと思っています。
なるほどー。Pro1の時はディフォルトが最高だと思っていましたのでいじった事なかったんで試してみます。
それにしても、あんまりAstia使われる方がいないですねー。いいと思うんですがねー(笑)
Commented by hirobon727 at 2016-07-24 23:56
アスティア好きな人いますけど
やはり渋めの色かビビッドかどちらか
に人気が偏るのかと思います。
設定でアスティアを調整するのは中途半端な
印象があったのかも?
アスティアも結構、派手ですしね?
どうせなら渋いか甘いかどちらかに
してほしいみたいな?
プロネグハイは甘さの中にビターな感じが
受けるのかも。
by hirobon727 | 2016-07-23 20:39 | Comments(7)